肉体関係ありきのゲイSNS


ゲイの男性の繋がりは、ズバリセックスの面が大きいといえます。
男女の恋愛の場合、まずは付き合ってみて性格や相性が合うようなら身体の関係に発展するというのが常識的です。
最近ではまずセックスをしてから付き合いが始まるというパターンもあるようですが、未だ多くの割合を占めるものではありません。
ところが、ゲイの場合はお互いに好みだとなると、まずは肉体関係を持つことから始めるのは珍しくないようです。
そして身体の相性がよければ、関係は持続していくこととなります。
近頃は男女の関係も変化してきて、昔のように女性が男性に寄りかかるということは少なくなっているようです。
とはいえ、まだまだ精神的に男性に頼る女性という感覚はたくさん存在しています。
ゲイの場合はお互い自立心や独立心に富んだ男性同士なので、そのような感覚を持ち合わせることが少ないせいかも知れません。
したがって、相手に求めるものは男女間の感情に存在するような精神的な安らぎといったものではなく、肉体的快感の得られるセックスということになるようです。
そもそも、男性同士のセックスは男女間のそれよりも快感が強いといいます。
肛門は女性の膣よりも締め付けの力が強いので、タチはより大きな快感を味わうことができます。
ネコは肛門から刺激される前立腺を通して快感を得られます。
つまり、性的快感を得るのであれば、男性同士のほうがより「気持ちがいい」ということができるようです。
さらに、同じ男性同士の身体なので相手が感じるポイントや刺激方法などもわかりやすいという点も挙げられます。
ゲイの関係が身体重視になるのは仕方のないことなのかもしれませんね。

関連ページ