ゲイはイケメン好き?


恋愛において、外見よりも中身だとか人を容姿だけで判断してはいけないといいます。
外見はいまひとつだったけれども、付き合ってみたら性格が良くてゾッコンになってしまったということも珍しくありません。
しかし、ゲイの世界においてはそんなことは関係ないようです。
ゲイは自分の好き嫌いに非常に正直ですから、まず見た目を重視する傾向にあるようです。
したがって、顔のいい人いわゆるイケメンはモテモテですし、そうでなければ鼻も引っ掛けてもらえないという事態になりがちなのです。
ゲイにはセックスの際に男性の役をするタチと女性の役をするネコとがありますが、タチが男性的、ネコは女性的な外見ということではありません。
どちらも男性好きは変わらず、ただ役割がわかれているというだけなのです。
ゲイというと筋肉ムキムキで男臭い男性、いわゆる「ガチムチ」を好むと思っている人は結構多いようです。
ところが実際にはそうではなく、ゲイの好みも人それぞれです。
おおよそですが、ガチムチ系の男性はガチムチ系を、カワイイ系の男性はカワイイ男性を、キレイ系の男性はきれいな男性を好む傾向があるようです。
もちろんあくまでも人の好みなので、いろいろなパターンが存在するのは事実です。
自分の気持ちに素直なゲイは、好みのタイプの男性がいれば積極的にアピールしていきます。
とはいえそれが上手くいくとは限りませんし、相手がノンケの場合もあります。
ゲイの恋愛は実はなかなか難しいものなのです。

関連ページ