バイの存在について


バイというのは「バイセクシャル」、つまり男性とも女性とも付き合うことのできる、いわゆる「両刀遣い」の人をいいます。
このバイという存在、ゲイの人にすれば非常に厄介なものといえるでしょう。
というのも、バイは男性とセックスができるのですからすっかりゲイだと思い込んで付き合っていたら、実はバイだったということに成りかねないからです。
「別にそれでも構わないじゃないの」と思うかもしれませんが、男性も女性もどちらも「イケる」というのは恐ろしい存在なのです。
男と付き合いながら女性ともセックスができる、こんなオイシイ状況はあまりあるものではありません。
また、男性と付き合っていても、世間体から女性と結婚に至るケースもあるのです。
ゲイの男性にすれば、相手のことが好きでも絶対に結ばれることのないゲイの枠組みを壊され裏切られたような思いになってしまうことでしょう。
ゲイ同士というのは、なんとなくそんな雰囲気をお互い感じあうようで、自然にカップルになるケースもあるようです。
けれども、バイはなかなかわかりづらく、付き合ってからそれと判明することが多いようですし、言い出されるまでわからないこともあります。
ゲイにすれば、バイは自分たちを惑わす厄介な存在といえるでしょう。
しかし、バイはバイでどっちつかずの立場を辛く感じているのかもしれません。
何もゲイとバイは相容れない関係だと結論付ける必要はどこにもないのです。
バイとゲイでも上手くやっているカップルはいくらでもいるのですから。

関連ページ